本文へ移動
医療法人弘仁会
中津脳神経外科病院
〒879-0112
大分県中津市大字福島1055番地
TEL.0979-32-2555
FAX.0979-32-2560
指定・認定保険医療機関
日本脳神経外科学会専門医訓練施設
日本リハビリテ-ション医学会
 臨床認定医
協力機関
大分大学脳神経外科・麻酔科
福岡大学脳神経外科
九州大学脳神経外科
久留米大学脳神経外科
協力機関
大堀脳神経クリニック
0
3
9
2
6
9

薬剤部

薬剤部は、医薬品の安全管理に努め、医師の処方した処方箋のもと、薬剤の調剤、監査、副作用の有無などを確認し、患者様が安心して薬を服用できるように努めることが主な業務です。

持参薬鑑定(新規入院)
入院した患者様の入院前に服用している薬剤を調べる業務です。内服薬、塗り薬、目薬などを鑑定し、主治医に報告します。主治医は、継続する薬、休薬する薬を判断し、その指示のもと持参薬を調剤します。

調剤業務(入院調剤)
医師から出された処方箋に従い、入院患者様の内服薬、外用薬(貼付剤、目薬、吸入キットなど)を調剤します。
処方ざれた薬剤の量や投与方法、飲み合わせ(相互作用)、持参薬との重複薬剤がないか監査をし、問題がなければ調剤をします。

院外処方箋発行(外来受診の患者様)
医師の診断に基づき、薬剤が必要と判断された患者様には処方箋が発行されます。処方箋は発行された日を含めて4日間有効です。処方箋はどこの調剤薬局でも受け入れてくれます。必ず有効期限以内に受診してください。

医薬品情報業務(DI業務)
医薬品は日々情報が更新されます。適正に医薬品を使用するためには、医薬品の情報が必要です。薬剤部では、添付文章(医薬品の説明書)の管理、医薬品情報誌などのチェックを行い、医師や看護師、他の医療従事者が必要と思われる情報を提供しています。

入院患者様へのお願いと案内
  1. 入院時には、持参薬の鑑定を行います。現在服用している薬剤・外用剤(目薬、吸入剤、インスリン注射など)を持参してください。
  2. 入院中は、保険の関係で他の病院を受診することが出来ません。(薬剤の内容によっては受診をお願いすることもあります。)持参薬終了後は、院内で同効薬を処方しますので安心してください。薬剤は、患者様の症状を医師が診断した上で処方しています。自己判断で中止したり、回数を減らしたりしないようにしてください。

TOPへ戻る